hsb(弘前大学スティールパン部)

「スティールパンが奏でるスタジオジブリ作品集」

注:本作は2009年リリースの「スティールパンで聴くスタジオジブリ作品集」(RES-154)をリ・マスタリングし、ボーナストラックを追加収録し、ジャケットを変更してリリースする作品です。

「スティールパンが奏でるスタジオジブリ作品集」
ゆったり、のんびりした響きが気持ちいい、スティールパンのアンサンブルによる、スタジオジブリ作品集!

■本作について

世界で一番ゆる〜いスタジオジブリ作品集。

トリニダード・トバゴ生まれの楽器、スティールパン。ゆったり&ゆる~いその美しい響きは、極上のリラックスサウンドです。本作は、2003年に日本初の大学スティールパンサークルとして結成され、2006年にはビクターから2枚のアルバム(サティ&バッハとビートルズ)をリリース、また2008年には「スティールパンで聴く沖縄音楽」をリリースしたhsb(弘前大学スティールパン部)のメンバーによる演奏で、編曲も全曲hsbメンバーが手掛けています。ゆったりとしたバラードから、おしゃれなジャズ調のものなど、1曲ごと異なった曲調に編曲しました。

アンサンブルは、メインのスティールパン(「となりのトトロ」では6台のスティールパンを使用しているのをはじめ、低音から高音まで計7種類*1のスティールパンを使い、曲ごとに編成を変えています)に加え、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、グラスハープなどが素敵な色を添えています。

今回の再リリースに際し、名匠、田中三一氏がリ・マスタリングを行い、より素晴らしい音質が実現しました。深みを増した、スティールパンの素晴らしい響きが聴きどころです。さらに、未発表のボーナストラックも追加収録しました。

ゆったり響くサウンドに乗せて奏でられる、スタジオジブリの名曲をお楽しみください。

*注 高音域からHT=ハイ・テナー、LT=ロー・テナー、DS=ダブル・セカンド、G=ギター、C=チェロ、4B=フォー・ベース、6B=シックス・ベースとなります。


■収録曲

試聴 クリックでウインドウが開きます。

① となりのトトロ
「となりのトトロ」エンディング主題歌 6台のスティールパンによるアンサンブルをお楽しみください。
② 崖の上のポニョ
「崖の上のポニョ」主題歌 5台のスティールパンに、5本のリコーダー、2本の鍵盤ハーモニカの楽しいアンサンブルをお楽しみください。
③ やさしさに包まれたなら
「魔女の宅急便」エンディング主題歌 5台のスティールパンによる、軽快で柔らかな曲調です。
④ 人生のメリーゴーランド
「ハウルの動く城」主題曲 5台のスティールによるアンサンブルです。
⑤ 風の丘
「魔女の宅急便」挿入曲 7台のスティールパンによる、厚みのあるアンサンブルです。
⑥ ナウシカ・レクイエム
「風の谷のナウシカ」挿入曲 3台のスティールパンによる、哀愁漂うアンサンブルです。
⑦ 君をのせて
「天空の城ラピュタ挿入歌」 3台のスティールパンにパーカッションを加えた、少しエキゾチックなアンサンブルです。
⑧ もののけ姫
「もののけ姫」主題歌 4台のスティールパンに、グラスハープを加えたアンサンブルです。
⑨ カントリーロード
「耳をすませば」主題歌 7台のスティールパンによる、重厚感あるアンサンブルです。
⑩ 晴れた日に…
「魔女の宅急便」挿入曲 5台のスティールパンによる、柔らかなアンサンブルです。
⑪ いつも何度でも 口笛ヴァージョン
「千と千尋の神隠し」主題歌 1台のスティールパンと、口笛のコラボです。
⑫ MAMMAIUTO
「紅の豚」挿入曲 6台のスティールパンによる、ジャズ調のリズムも取り入れたアンサンブルです。
⑬ 愛は花、君はその種子
「おもひでぽろぽろ」主題歌 3台のスティールパンによるアンサンブルです。
⑭ ルージュの伝言
「魔女の宅急便」挿入歌 6台のスティールパンが、思わず口ずさみたくなるような楽しいアンサンブルを奏でます。
⑮ さんぽ
「となりのトトロ」オープニング主題歌 4台のスティールパンに、鍵盤ハーモニカと鍵盤吹奏笛のアンデスを交えた、明るいアンサンブルです。

ボーナストラック

⑯ いつも何度でも スティールパン・ヴァージョン
未発表音源 11曲目のアンサンブルとは違う、スティールパンの重奏によるアンサンブルです。


■hsbプロフィール

hsb=弘前大学スティールパン部は、2003年に結成された、大学サークルとしては日本初のスティールバンドです。弘前市内を中心に青森県内外で広く演奏活動を行っています。低音域から高音域まで7種類のスティールパンを使い、それぞれのスティールパンの響きを大切にした演奏を心がけています。スティールバンドとしては珍しく、ドラムセットを入れない編成です。演奏ジャンルは、邦楽、洋楽、カリビアン、クラシック、ジャズ、アニメソング⋯⋯と幅広くカバーしています。また、2006年にはCD『スティールパンで聴くビートルズ』、CD『スティールパンで聴くサティとバッハ』(共にビクターエンタテインメント)、2008年にはCD『スティールパンで聴く沖縄音楽』(リスペクトレコード)をリリースしました。現在も精力的に活動中です。