Home>DiscCatalog>RES-266

2015年5月27日発売 RES-266 定価¥2,500(本体価格)+税 POS 4525506002267

ブリジット Brigitte
「フレンチ・ミリオン・キス」

フランス中が恋に落ちた、魅惑の歌声!
話題のツイン・ボーカル・ユニット、待望の日本デビュー!

 日本盤のみボーナストラック3曲収録
(ミッシェル・ポルナレフの大ヒット曲「シェリーに口づけ」のカヴァーを収録)
歌詞対訳、雑誌「ふらんす」編集長によるアルバム&曲解説を含む40ページのブックレット付き!

本国フランスではアルバムチャート初登場9位、iTunes総合アルバムチャート2位を記録!
2015年最注目のフレンチ・ポップ!

■今フランスでブリジットが熱い!
・オレリ・サーダとシルヴィ・オワロの女性2人組のユニット。
・2011年にリリースされたファースト・アルバムが大ヒット!
・20万枚以上の売り上げを記録し、ダブル・プラチナ・ディスクに輝きました。
・フランスのグラミー賞、ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックで2012年度の最優秀新人グループに選ばれました。
・そして日本デビュー・アルバムにあたる本作も大ヒット中!



■最高にクールでかっこいい!——ブリジットの魅力
ノリノリ、クール、おちゃらけ、哀愁、セクシー、悩ましさ、おちゃめさ、はすっぱさ、少女っぽさ……歌詞とパフォーマンス
ヒップホップ、ディスコ、フォーク、レゲエ、ポップス、エレクトロ、ソウル……アルバムのサウンド

「ひとつのスタイルに収まりたくない」「女性というものがもっているあらゆる面を表現した」と本人たちが語っていますが、その意図をしたものが、そのまま幅広い層に訴えかけ、心をつかみました。
あらゆる女性をひとつの名前で総称した、“ブリジット”というグループ名自体にもそういった意図のもとにあります。
レトロルックに身を包んだ、ちょっと風変わりでフェミニンなオトナの女性ふたりが、これまたレトロでどこか懐かしいキャッチーなサウンドに載せて、ときに繊細に、ときにきわどく大胆に、ときにユーモアを交えつつ等身大の女性のあれやこれやを包み隠さず語り、歌い上げるところが最高にクールでかっこいい!となりました。
アルバムの人気は彼女たちのレトロルックも大いに関係しており、またファッション業界からの注目度も高く、若い世代の女性などは、そのファッションと音楽(サウンドと歌詞も)とパフォーマンスの魅力がまざった形で、彼女たちに憧れています。
またフェミニンな所も、決してがちがちのフェミニストでないところは男性ファンも魅了しています。
ブリジットの歌詞は女性の心の叫びを歌い上げていますが、それが男性社会に向けておしつけがましく迫ってくるものではなく、ただありのままの願いを、素直に言葉にしているところが男女を問わず共感を得ています。

■本作について
フランスではセカンドアルバム、そして日本でのデビューアルバムとなる本作は、オレリとシルヴィが250日間を越えるフランス国内外でのツアーの間に、自力で書き上げたオリジナル曲で構成されたアルバムです。
本作は彼女らが立ち上げたレーベル、B.Recordsからリリースとなります。プロデューサーにはファーストアルバムでも一緒に仕事をしたマーロン・Bを迎え、ブリジットとマーロンの共同プロデュースで仕上げました。レゲエのフレーバーが散りばめられたサウンド(共同プロデューサーのマーロン・Bがジャマイカ出身で、レゲエ、ダンスホール・シーンと関わりが深いことが一因です)やカルチャー・クラブ、ドナ・サマー、ヴェロニク・サンソン、ダイアナ・ロス、そして最近のダフト・パンクなど多彩なアーティストから影響を受けたサウンドが聴かれます。
アルバムの歌詞はさまざまな愛の形が歌われています。7曲目の「昨日はまだ」では幸せな愛を語り、私たちが今もそれを信じていることを歌い込んでいます。5曲目の「愛の翳り」では信じていた2人の関係が、ゆるやかに消えて行くことを歌い込んでいます。



■収録曲 
収録時間66分 全曲作詞・作曲:ブリジット

1. L'échappée Belle 美しき逃亡者
“思い切って彼に声をかけられなかった 残念 私ってなんてバカなの”と歌い込まれています。この曲のサウンドとは少し対称的な、切ない歌詞が印象的な曲です。
2. A bouche que veux-tu フレンチ・ミリオン・キス
“あなたの両手に押し当てられた両の唇 明日も私を愛して……”と歌い込まれた熱いラブ・ソングです。
3. J'sais pas ジュ・セ・パ
たった一言“熱いのか 怖いのか わからない”と歌われています。
4. Oh Charlie chéri いとしのシャルリ
“私のハートはシャルリのものよ”と歌い込まれた熱いラブ・ソングです。
5. Le déclin 愛の翳(かげ)
崩れることがないと信じていた2人の関係が、ゆるやかに消えて行くさまを歌い込んでいます。“二人でジュ・テームを初めて言い合ったように また言ってくれるかしら?”
6. Embrassez vous キスし合いなさい
“唇に 頬っぺに おでこに 首筋に たくさんのキスとビスを”と歌い込まれています。
7. Hier encore 昨日はまだ
“神様 あなたを私のものにしてくれてありがとう”と歌い込まれたこの曲は、幸せな愛を語り、私たちが今でもそれを信じていることが歌われています。
8. Les filles ne pleurent pas 涙を見せない娘たち
“Oh 自分はどこにでもいるような男の子 何も恐れない どこにでもいるような男の子”と歌い込まれています。こんな僕には娘たちは涙を流さないのでしょうか?
9. Le perchoir とまり木
わがままで自己中心的な男性が歌い込まれています。しかし、“間違って切り詰めた生活をし 恋や美女から身を守る”と最後には歌われています。
10. Plurielle 二つの顔を持つ女
“二つの間で私の心は揺れている 私には二面性がある 女性であり 母親でもある”。この曲はオレリとシルヴィの心象を描写しています。

日本盤のみのボーナス・トラック
● Tout tout pour ma chérie  シェリーに口づけ
日本では1971年にヒットしたミッシェル・ポルナレフの曲です。
● A bouche que veux-tu (Edit) フレンチ・ミリオン・キス(ラジオ・エディット)
アルバム表題曲のラジオ・エディットです。アルバム2曲目のオリジナル・ヴァージョンとは別ミックスです。
● A bouche que veux-tu (Yuksek remix) フレンチ・ミリオン・キス(ユクセック・リミックス)
フレンチ・エレクトロ・シーンを駆け抜け、来日のたびにフロアを揺らして来た名DJ.ユクセックによるリミックスです。



■ブリジット プロフィール
チュニジア出身のユダヤ人両親のもとにパリで生まれたオレリ・サーダと、レユニオン諸島出身の父親と、ノルマンディー出身の母親との間に生まれたシルヴィ・オワロ。この2人の女性によるユニットがブリジット。
2011年にデビューし、ファースト・アルバム「Et vous,tu m'aimes?」(ミスター、私を愛している?)が大ヒット。フランスのグラニー賞、ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックの最優秀新人グループ賞に選ばれる。その後、250日間を越えるフランス国内外のコンサートツアーを行う。
2014年11月17日にセカンド・アルバムを自身のレコード・レーベルB.Recordsよりリリース。2014年11月19日にはパリのラ・シガールでのコンサートがソールドアウト。2015年2月にはカナダとオーストリア、ドイツでセカンド・アルバムがリリース。2015年5月5日にはパリ、オランピア劇場でのコンサートを実施。今フランスで最も注目の女性ユニット。

brigitte


   
  Copyright:Respect Record All rights reserved
>