Home>DiscCatalog>RES-182

RES-182 ¥2,381(本体価格)+税 2011年4月20日発売

ビゼオ・サンジュスト・カルテット「ナポリ・ジャズ・サウンド」

「オ・ソレ・ミオ」「帰れソレントへ」……
世界初!! ナポリ民謡の名曲をジャズ・サウンドでカヴァー!

アルバム|解説付き|日本独自編集盤|POS 4525506001383

アルバム内容
ジャズとナポリ民謡が幸福なマリアージュをした素晴らしいアルバムです。
「オ・ソレ・ミオ」、「帰れソレントへ」を始めとするナポリ民謡のスタンダード曲ばかりを収録しました。アルバム制作の意図は、伝統的なナポリ民謡にジャズ・アレンジを施す事により、さらに多くの人々にナポリ民謡を聴いてもらいたい事。そしてナポリ民謡のさらなる魅力を発見してもらいたい事です。
初夏の爽やかな風を感じさせる「オ・ソレ・ミオ」のアレンジなど、ひと味違うナポリ民謡、そしてイタリアン・ジャズの魅力をお聴き下さい。


■収録曲

1. オ・ソレ・ミオ
「私の太陽」という意味を持つ、ナポリ民謡を代表する曲。
2. ヴォーチェ・エ・ノッテ(夜の声)
1903年に生まれたこの曲は、作詞者エドゥアルド・ニコラルディの愛の苦悩を描いている。
3. 帰れソレントへ
1902年作のナポリ民謡の代表曲。インペリアル・ホテル・トラモンターノのCM曲(世界初のCM曲との説もあり)。
4. ラクレメ・ナプレターネ(ナポリの涙)
1925年作。原題は「ナポリ男の涙」の意味。
5. オ・パエーゼ・ド・ソーレ(太陽の土地)
1925年作。ナポリを長らく離れていた男の、帰郷の喜びを描いている。
6. オ・スルダート・ンナモラート(恋する兵士)
1915年作。出征した兵士が故郷に残して来た恋人の事を想う内容。
7. スカプリッチャティエッロ(ふぬけ男)
1954年作。映画「野生の息吹き」の主題歌として有名。
8. アッカレッツァメ
1954年作。1955年にテディ・レーノが歌い話題になる。
9. コンメ・ファチェッテ・マンメータ(お母さんどうしたの?)
1906年作。母親と娘の親子愛を描いている。
10. マリア・マリ
1899年作。ナポリ民謡のスタンダード曲であり、愛する女性マリアに対するラブソング。
※ボーナストラック
11. オ・マレナリエッロ(舟人の歌)
1893年作。バルカローレ(舟歌)と呼ばれ、手漕ぎ船の上で口ずさむ曲。
12. マレキアーレ
1885年作。タイトルはナポリ郊外にあるマレキアーレ海岸の事。


※M1〜10はビゼオ・サンジュスト・カルテットのファースト・アルバム収録曲。M11〜12はセカン
ド・アルバム収録曲であり、日本盤はボーナス・トラックの扱いになります。
※本アルバムの日本盤ライナーノート執筆者、片山伸氏の文章を参考にさせて頂きました。


■メンバー紹介
ジャンニ・サンジュスト:クラリネット
1934年ローマ生まれ。チェット・ベイカーやリー・コニッツなど著名なジャズマンとの共演を重ねた、まさにイタリアン・ジャズシーンの生き字引とも言えるミュージシャン。
リッカルド・ビゼオ(バンドリーダー):
ピアノ・ビブラフォン・キーボード
1959年ローマ生まれ。トニー・スコット、ステファン・グラッペリなど多くの著名ミュージシャンとの共演のほか、「マイ・フェア・レディ」のイタリア公演の音楽監督も務める。
マウロ・バッティスティ:コントラバス
ローマ生まれ。ニューヨークでリー・コニッツ、ジョー・パス等と共演した、ローマでは売れっ子のベーシスト。
カルロ・バッティスティ:ドラムス
70年代からロックバンドのドラマーとして活躍した後、ジャズに転向して現在に至る。

   
  Copyright:2004 Respect Record All rights reserved