Home>DiscCatalog>RES-142

RES-142 ¥2,667(本体価格)+税 2008年11月5日

沖縄JAZZ協会
「ウチナーJAZZ!」

16人編成のビッグバンドが7つ、プロのジャズミュージシャンは400名を数えるほど、
1957年の沖縄はジャズの黄金時代を迎えていました。
戦後独自の歴史を歩んで来た沖縄ジャズの足跡を伝える、待望のアルバムがついにリリース!


QR CODE沖縄JAZZ協会『ウチナーJAZZ』着うた配信中!!
“沖縄ちゅらサウンズ”にて、アルバム収録曲の全曲を着うた、着うたフルにて好評配信中です。
着うた:105円、着うたフル210円(税込)です。
アクセスは右のQRコードからどうぞ。


沖縄ジャズ協会絶賛のコメントが届いてます!
今年一番のお気に入りCDです。
こんなにCOOLなJAZZ BANDが日本にあったなんて感動しました!12月にライブがあ
るそうで、是非生で聞きたい!沖縄好きとして、知らなかったなんて、はずかしい。
追っかけになりそうなくらい好きだと思う。最高!!


■沖縄のジャズについて
第二次世界大戦後、沖縄を統治下に収めたアメリカは、基地内外でさまざまな娯楽行事を実施しました。その一つがジャズコンサートであり、カウント・ベーシー、ルイ・アームストロング、ライオネル・ハンプトンなど大物ミュージシャンが沖縄に来ました。また、フィリピンからも多数のジャズ・ミュージシャンを呼び、コンサートを行いました。本作のレコーディングでテナー・サックスを担当しているアラン・カヒーぺはフィリピン出身であり、沖縄を訪れて以来帰国することなく、現在に至ります。
1950年代、ジャズは隆盛を極め、ジャズクラブ(当時はキャバレーと呼ばれていました)は増え続け、さらに多くのジャズミュージシャンが必要とされました。そこで在沖縄米軍と時の政府は、地元でのジャズミュージシャンの育成に乗り出しました。中学、高校で吹奏楽部に所属していた者たちがその要望に応えました。最初はジャズ独特のグルーブやノリが解らなかった為、カカシ(楽器を演奏している振りをして立っているだけ)としてステージに立ちました。そんなジャズビギナーも、基地で手に入れたレコードや、アメリカ、フィリピン、そして東京から来る一流ミュージシャンの演奏に接するにつれて徐々に実力を付けて行きました。
その当時、ジャズミュージシャンは花形でした。給料が公務員の2〜3倍あったからです。1950年代から60年代は沖縄中でジャズが聞かれ、ミュージシャンは夜10時に基地内での演奏が終わると、今度は基地の外のキャバレーで演奏を続けました。まさに沖縄ジャズの黄金時代であり、アメリカ人のみならず沖縄の人々にとっても、ジャズは特別な音楽ではなく、大変身近なものとして広く愛されていました。(沖縄民謡が盛んになるのはその後1960年代です。)

■沖縄ジャズ協会(OJA)について
1957年ミュージシャンの地位向上を目的に沖縄県音楽家協会(OMA、初代会長:上原信平)発足。琉米親善センターや国映館などで盛んにコンサートを行ないました。1972年本土復帰を境に職を失い、転職を余儀なくされたミュージシャンたち。次第にビッグバンドが少なくなる一方で、ジャズ喫茶やライブハウスが増え、ミュージシャン達はジャムセッション等で腕を磨いていました。
1985年2代目会長我那覇文正氏就任。復帰後の低迷した沖縄ジャズ界を孤軍奮闘して牽引しました。1997年9月更なる発展を目指し名称をOMAからOJA(沖縄JAZZ協会)に改称し現在に至ります。(初代会長:石嶺弘實、2001年より屋良文雄会長)、現在はジャズ愛好家(賛助会員)を含め350名を越す会員数を誇ります。
近年の活躍としては、那覇市主催の「ふれあいジャズフェスティバル」を開催、浦添市では浦添市文化振興事業実行委員会主催のジャズイン浦添を「ボーカルシリーズ」、「スクリーンの世界」、「ジャズと琉舞と古典音楽とのコラボ」、「クラシック音楽とのコラボ」等、ミュージカル「島にジャズがやって来た」等に出演するほか、台湾での交流演奏会や県内各地の小・中・高校で学校公演を開催するなど、ジャズ音楽を通じて地域文化振興・人材育成・情報教育等に尽力しています。
ビックバンドの迫力あるサウンドから心に沁みるコンボまで、沖縄を代表するジャズミュージシャンの協会です。

■今作について
沖縄のジャズはビッグバンドが中心でしたが、実は今作の様なレコーディングを過去に行った事は一度もありません。それは1950年代から60年代に掛けてはレコードをわざわざ制作しなくても、手軽に生の演奏が聞けた為です。しかし、そろそろ80歳が見えてきたメンバーもおり、また“沖縄のジャズはビッグバンドにあり”と言うことを形にすべきだとの声も起こり、今回のレコーディング構想へと繋がりました。
今回のレコーディングに参加したメンバーは全て地元で現役として活躍しているジャズミュージシャンばかりです。前述したフィリピン出身のメンバーから、アメリカ人、ウチナンチュー(沖縄の人)、年齢も77歳から20代半ばまでと多彩なメンバーが集まりました。レコーディングは2008年7/31、8/1、2の3日間に渡り、コザ(沖縄市)のホール「あしびなー」にて一発録音にて行いました。レコーディングエンジニアはベテランの伊豫部富治です。収録曲は全て沖縄をモチーフにした曲ばかりです。
今作は沖縄ジャズ史上歴史的録音であり、“沖縄のジャズ・スピリットここにあり!”との熱き思いを伝えるアルバムです。


■収録曲(試聴にはRealPlayerが必要です)

1 なんくる・ザ・ないさ (オープニングテーマ)

今作の為の新曲です。ジャズの名曲で「ビギン・ザ・ビギン」という曲もありますが……。ウチナンチューの気質“人生精一杯やれば、あとはなんくるなるさ(なんとかなるさ)”を感じさせる曲調の曲です。
2 安里屋ゆんた 
沖縄民謡の一番の有名曲。“さー君は野中のいばらの花か サーユイユイ”の歌詞が印象的です。
3 ゆいレールで行こう〜Take the "Yui" Rail 
今作の為の新曲です。沖縄には“Aトレイン”はありませんので、那覇空港から首里まで走るモノレール“ゆいレール”をテーマにしました。
4 島唄 
ザ・ブームの大ヒットナンバーです。
5 ちんぬくじゅうしい 
メロディー、歌詞共に素晴らしい沖縄のわらべ唄です。ちんぬくじゅうしいとは「里芋の雑炊」の事。お母さん、今晩の夕飯はなんなの?ちんちん ちんぬく じゅうしいよと歌われています。
6 オキナワ・ウィング 
沖縄を代表する名曲「芭蕉布」の作曲者、普久原恒勇による今作の為の新曲です。沖縄を代表するピアニスト、屋良文雄のトリオによる演奏が素晴らしくリリカルです。
7 ウーマクー 
沖縄のわらべ唄の名曲で「ウーマクカマデー」(やんちゃ坊主カマデー)と言う曲があります。この曲は曲調的にコザはゲートストリートあたりのウーマクーをテーマにしているのかもしれません。新曲です。
8 豊年音頭 
沖縄のカチャーシー(踊り)の有名曲。M6と同じ普久原恒勇の作。泡盛に気持ちよく酔って踊っている様な曲調です。
9 赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)
沖縄の有名なわらべ唄。弥勒様(みろくさま・神様)をお迎えする様な前半の曲調から、シーヤープ(ほっぺたをつまんで)ミーミンメー(耳をひっぱって)と子供がジェスチャーを付けて歌う明るい歌詞を想起させる曲調へと、展開がユニークなアレンジです。
10 なんくる・ザ・ないさ 
M1のロングバージョン。
11 てぃんさぐぬ花 
ラストは沖縄の有名な教訓歌。てぃんさぐぬ花は鳳仙花の事。香村英史クインテットのアレンジ、演奏がこの曲の心をしっかりと伝えます。


※M6は屋良文雄トリオ、M11は香村英史クインテットによる演奏。他は全てビッグバンドによる演奏。
※M3、4、5、8、の編曲は真島俊夫(M3は作・編曲)
※M1、7、10の作・編曲は長山善洋
※M2、9の編曲は真栄里英樹
※なんくるないさ=なんとかなるさ、ウーマクー=やんちゃの意

   
  Copyright:2004 Respect Record All rights reserved