Home>Artists>我如古より子 with 吉川忠英

我如古より子 with 吉川忠英

《我如古より子》
 沖縄本島、与那城町生まれ。幼少の頃から、父で民謡歌手の我如古盛栄の教えを受ける。一時は銀行に勤めたが、1978年、地元沖縄にて「娘ジントーヨー」が大ヒット。1988年坂本龍一のNEOGEOワールドコンサートに参加。1989年には古謝美佐子、玉城一美と共に「オキナワチャンズ」として、坂本のアルバム「Beauty」と発売後のツアーに参加。1995年にはVapより、井上鑑プロデュースのアルバムを全国リリース。ザ・ブームの「島唄」を沖縄方言でカヴァーする。1999年には、坂本龍一のオペラ「LIFE」に参加。2002年吉川忠英との共作アルバム「唄遊び」をリリース。


《吉川忠英》
 1947年、東京生まれ。ニューフロンティアーズ〜イーストを経て、72年からソロ・アーティスト/スタジオミュージシャンとして活動を開始。日本を代表するアコースティック・ギタリストとして、また、コンポーザー、アレンジャーとして、中島みゆき、松任谷由実、福山雅治ら多くのニューミュージック系のセッションに参加している。現在までに11枚のオリジナルアルバムをリリース。元喜納昌吉&チャンプルーズのギタリスト平安隆との共作アルバム「音遊び」、2003年リリースの「岡本おさみアコースティックパーティwith吉川忠英」も注目作。
夏川りみとのレコーディング、ツアーでも活躍中!

 



このアーティストについて

アーティストのホームページ

   
  Copyright:2004 Respect Record All rights reserved